玄関リフォーム工事(リシェント)阿見町A様邸

窓研の清水です。

今日も玄関リフォームの
ビフォアアフターをご覧ください!

今回のお客様は和風の住宅で、

玄関も引き戸(横開き)タイプと
なっておりました。

お客様のご要望は、

・雰囲気はそのまま

・家の雰囲気と合う玄関

とのことでしたので、

引き戸タイプの玄関ドアのまま、
欄間(らんま:ドア上部の明り取り)が
あるタイプをおすすめさせて頂きました。

お客様も気に入ってくれたようで
その玄関ドアを取り付けしました。

さて、今回の玄関リフォームは、
いつもと違って苦戦することとなりました。

こちらのご家庭の玄関の外枠が
木枠だったことに加え、
形が特徴的だったため
木枠の加工に苦労しました。

僕の他のブログを見てくれている方は、
既にご存知かもしれませんが、

僕が施工している、玄関リフォームは

『リシェント』と呼ばれ、

今の玄関の枠を利用し、
その上に“被せる”形で
新しい玄関をはめ込む

事によってリフォームをしています。

そのため、元々の玄関の枠が
特徴的だったり、外壁の形が
特殊だったりすると、

リフォーム時に加工が必要になるのです。

今回は、木製の木枠が
独特な形をしていたため、
加工することとなりました。

2枚の画像の左下部分を見比べて頂くと、
そのままでは前の玄関枠が
はみ出してしまう事が
わかってもらえるでしょう。

このように、その場で
臨機応援に加工・調整できなければ、
1日でリフォームを終えられないんです。

玄関リフォームをお考えなら、
ぜひ窓研にお任せください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る