玄関リフォーム工事(リシェント)守谷市T様邸

窓研の清水です。

今日は、守谷市のお客さまからご依頼いただきました玄関リフォーム(リシェント)工事です!

 

【ご依頼理由】

「建て付けが悪くなったので、防犯も兼ねてお勝手のリフォームを決めた」

とのことで、ご依頼頂きました。

 

写真だと少しわかりにくいですが、ドアの右下部分に隙間が空いてしまいドアの開閉に支障がでていました。

また、今回の工事はお盆前の工事だったのですが、やはりお盆期間の空き巣の不安があったとのことでした。

 

泥棒が一番入りやすい場所は窓との統計がありますが、ひと目がつきにくいお勝手口も狙われやすい入り口となります。

そんなとき、古いタイプの鍵で、さらに鍵穴が1つだったりすると簡単に空けられてしまう恐れがあります。

 

鍵穴が2つになっているだけで、泥棒に入りにくい入り口と思わせられる効果があるので、やはり玄関の鍵は2つ付いていたほうが良いのです。

 

さて、話を戻しますが、今回は元々建て付けが悪くなっていたことが一番のご依頼理由でしたので、お勝手ドアのリフォームをする際、

お勝手口の玄関フレームを調整しつつしっかり水平を出し、玄関リフォーム(リシェント)工事を実施させていただきました。

※建て付けが悪くない場合でも必ず水平確認は実施してます^^

 

お客さまからは、

「去年の冬、お勝手の隙間風が気になっていたから、今年からは安心できる」

と喜んでいただけました^^

窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る