玄関リフォーム工事(リシェント)阿見町N様邸

窓研の清水です。

今日は、阿見町のお客さまからご依頼をいただき玄関リフォーム(リシェント)工事をしてきました!

 

【ご依頼理由】

「玄関が古くなってきたことと、息子が大きくなり玄関のドアを大きくしたかった」

とのことでご依頼頂きました。

 

お客さまのご要望を叶えるため、玄関上部の明り取りである「欄間(らんま)」がないタイプの玄関をご提案しました。

ただ、欄間を無くしてしまうと、玄関に明かりが入りにくくなり、玄関ドアのタイプを間違えてしまうと、玄関が暗くなり、日中でも明かりを点けなければならないことにもなりかねません。

なので、玄関ドアにガラスが入っていて、日光が入りやすい玄関をご提案させて頂きました!

 

でも、お客さまの中には、カタログで玄関ドアに一目惚れされて、
欄間なしでドアにも明かり取りとなるガラスも無しの玄関にされる方もいらっしゃいます。

 

僕たち窓研にご依頼いただく際には、明るさや機能性をお伝えし、

玄関が暗くなるデメリットを伝えたうえでお客さまにお決めいただいていますが、

 

依頼する業者さまによっては、暗くなることをお伝えせずに施工してしまい、

昼夜関わらず電気をつけなければならないことになったご家庭もまれにあるようです。

 

なので、玄関ドアのタイプによるメリット・デメリットは、
玄関リフォーム(リシェント)工事をされる際にしっかり質問されることをおすすめします!

 

また、今回の玄関ドアは向かって右側の外壁部分が近かったため、
フレームを大幅にカットして加工するのに時間がかかりましたが、

無事1日で工事を完了できました。

 

お客さまからは、

 

「玄関を開けた時の高さと幅が本当に広くなって大満足です!」

 

とお喜びの声をいただけました。

窓研にご依頼いただき、誠にありがとうございました!

 

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る