玄関リフォーム工事(リシェント)稲敷市W様邸

窓研の清水です。

今日は、稲敷市にお住まいのお客さまからご依頼いただきました玄関リフォーム(リシェント)工事の施工事例をお送りします!

 

【ご依頼理由】

「昔から使っていた玄関で鍵が古く、近所で泥棒が入ったことで心配になり、防犯対策として玄関の鍵を交換しようと思った。
その時、調べていたら玄関本体の交換が20万円ちょっとでできると知り、安く交換できるならと交換を決めた」

とのことでご依頼頂きました。

 

ご依頼主さまがおっしゃるような、
「防犯対策」として玄関ドアのリフォーム(リシェント)工事のご依頼が最近とても増えています。

築10年以上経つご家庭に多く見られるのですが、

10年前はまだ「ディンプル錠」と呼ばれる「ピッキングできない鍵」の導入が主流ではなく、
ピンシリンダーや、ディスクシリンダーと呼ばれる鍵が主流でした。

もし、今のご家庭の鍵が、右側のタイプなのであれば、
簡単にピッキングされてしまうので、泥棒に入られるリスクが高くなってしまうんです。

そこで、ピッキングされない左側の「ディンプル鍵」に交換される方が増えています。

 

もちろん、ディンプル鍵に変えるだけの工事もできますが、
築10年、15年の節目のタイミングで、玄関だけでも綺麗にリフォームしたいとのお客様が多くおられます。

 

今回、お客様も同様で、築15年~20年くらいとおっしゃっておりました。

お客様からは、

「かわいくて一目惚れして選んだ白の玄関だけど、年が経つにつれてくすんできて、
さらに下の方は子どもたちが蹴ったり足があたったりで塗装がはげてしまったので、
次は機能性を重視して汚れや傷が目立たない玄関にしたいです」

とのことでした。

 

また、お子様が大きくなり、玄関の高さが窮屈に感じるようになったとのことだったので、

これらを考慮してこちらの玄関ドアをご提案させていただきました。

 

玄関上部にあった「欄間(らんま)」と呼ばれる明かり取りがないタイプにし、玄関の高さを出し、
汚れが目立たず、傷がつきにくい玄関を選ばせていただきました。

 

玄関リフォームをされる方の半分くらいは、
白い玄関ドアから黒へ、黒い玄関ドアから白へ、真逆の色合いにされる方がおられます。

案外、合わないと思われる逆色ですが、リフォームするとしっくり来ることが多いので、
ぜひ、逆の色も候補に入れていただくと、あなたのご家庭の新しい一面がみられるかもしれません!

 

もちろん、玄関の鍵も、すべて冒頭でお伝えした「ディンプル鍵」になっていますのでご安心ください^^

 

工事が終わった際に、ご依頼された奥様から、

「玄関の雰囲気が変わってとても新鮮な気持ちになれた、素敵な玄関を提案してくれてありがとう」

 

と、喜んでいただけました^^

今回は窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る