玄関リフォーム工事(リシェント)牛久市O様邸

窓研の清水です。

今回は、牛久市のお客さまからご依頼をいただき玄関リフォーム(リシェント)工事をしてきました!

 

【ご依頼理由】

「玄関の足元付近に傷を付けてしまったので玄関リフォームを決めた」

とのことでご依頼頂きました。

足元付近とはいえ、この傷は気になりますよね。

何か硬い棒状のような物が開閉先にあって、引っ掻いてしまったような傷ですね。

 

さて、今回の玄関のビフォアー・アフター写真を見ていつもと大きく違う事があります。

それがなんだかわかるでしょうか?

 

実は・・・玄関の・・・

 

 

「開閉方向が逆」になっているんです。

 

今まで多くの玄関リフォーム(リシェント工事)をしてきて、決して0ではありませんが、とても珍しいです。

 

玄関の開閉方向は5年10年と慣れて使われているため、あまり逆のタイムを選ぶことがありません。

 

でも、今回は「玄関の傷」の原因を再発させないため、玄関ドアの開閉方向が違うタイプをお選び頂きました。

もう一度ビフォアー・アフターの画像を出しますので、見比べて見て下さい。

今回のご家庭では、向かって左側に荷物を置くことが多かったことで、夜に暗くて気づかず玄関に傷を付けてしまったとのことでした。

なので、その失敗を繰り返さないために、玄関の開閉方向が反対の玄関を選ばれたわけです。

今回は工事自体は難しくありませんでしたが、なかなかレアな玄関リフォーム(リシェント)工事となりました。

 

お客さまからは、

 

「玄関を開けてみと、すごい違和感あるけど、新鮮でいい!」

「1週間もすれば慣れるだろうし、新鮮な雰囲気を楽しめてよかった。」

 

と、喜んでいただけました。

今回は窓研にご依頼いただき、誠にありがとうございました!

 

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る