玄関リフォーム工事(リシェント)守谷市Y様邸

窓研の清水です。

今日は、守谷市にお住まいのお客さまからご依頼いただきました玄関リフォーム(リシェント)工事の施工事例をお送りします!

 

【ご依頼理由】

「木製の玄関だったこともあって、塗装が剥げて木材部分が丸見えになってしまうようにった」
「このままだと見栄えも悪いし、雨の日に染み込んでだめになってしまうと思い交換を決めた」
とのことでご依頼頂きました。

 

玄関下部は靴が当たってしまうので汚れが付きやすくなります。

今回はそんな靴が当たってできてしまった小さなキズや凹みと、全体的に日焼けによるくすみが目立っているように感じました。

このような全体的な変色は市販の製品などで戻すことが難しいので、リフォームをお決めいただくのが良かったと思います。

 

それと同時に、玄関ドアが狭く感じていたとのことでしたので、欄間(玄関上部の明かり取り)が無いものにし、
高さを出しつつ、向かって右側の明かり取り部分を小さめのものに変更することでドアの横幅も確保しました!

玄関ドアを拝見しましたところ、一度きれいに塗り直しをされたようでしたが、ところどころ当たり傷によって木材が露出している部分が見られました。

ご依頼主さまの仰る通り、木材部分がむき出しになっていた場合、雨風により水が染み込み腐ってしまう原因になりかねませんので交換時期だったと思います。

 

また、玄関ドアだけの腐りなら良いのですが、玄関ドアのフレーム部分も木製なので、ここまで浸透してしまうと、玄関ドアリフォーム(リシェント)工事も大変で、
追加費用が発生してしまう可能性がありますので、安く交換できるうちにご依頼いただくのがおすすめです。

 

さて、今回の玄関ドアは、向かって右側が、外壁とぴったりくっついているため、この部分のフレーム加工が必要でした。

玄関ドアリフォーム(リシェント)工事の経験が浅い業者さまの場合、その場での加工が難しいケースもあります。

 

寸法を測って、事前に事務所の工場で加工してくるケースもありますが、
玄関ドアリフォーム経験の豊富な弊社スタッフなら、その場でキッチリ加工して手早く作業できるのが強みです!

いかがでしょうか?

左右のフレームの厚さが違うのがわかるでしょうか?

 

さらに、向かって右下の外壁がちょっと段差が出ている部分も
自分で言うのも恥ずかしいですが、とてもきれいに仕上げられたと思っています^^

 

ご依頼された旦那さまとその奥様からも、

「とてもきれいな玄関に生まれ変わった!」

「本当に自分の家か?と思うほど、とてもきれいな玄関になって嬉しい」

 

と、喜んでいただけました^^

 

ちなみに、この玄関ドアの交換時間は午前中にはじめてお昼休憩を挟んで計5時間で完成となりました!

玄関ドアの交換って何日もかかると思われることもあるのですが、作業はたった1日で完了するんです^^

 

今回は窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る