玄関リフォーム工事(リシェント)土浦市O様邸

窓研の清水です。

今日は、土浦市のお客さまからご依頼いただきました玄関リフォーム(リシェント)工事の施工事例をお送りします!

 

【ご依頼理由】

「玄関ドアリフォームが思っていたより安くできると友人に教えてもらいやってみようと思った」

とのことでご依頼頂きました。

 

まずお話を伺い、お客さまが望む玄関ドアでお見積りをし、お決めいただけました。

 

お客さまからのご要望としまして、

 

「暖かみのある雰囲気の玄関にしたい」

「玄関のドアをもう少し広くしたい」

 

とのことでしたので、

木目調の暖かみのある玄関ドアにし、左側のガラス部分を今までより小さいものにすることで、玄関ドアが広くなるタイプのものをご提案させて頂きました。

さて、今回の玄関ドアリフォーム(リシェント)工事は、簡単そうに見えてかなり難易度の高い工事でした。

なぜ難易度が高かったのかというと、玄関ドアの側面と上部が壁や天井とピッタリだからなんです。

玄関ドアが壁ギリギリにあることを「入り隅」と呼ぶのですが、玄関ドアリフォーム(リシェント)工事をする際、
今ある玄関ドアのフレームの上にかぶせる形で新しい玄関ドアを付けるんです。

でも、入り隅(壁ギリギリ)になっていると、新しい玄関ドアのフレームを付ける際に加工を施さなければならないんです。

それが側面と上部の二箇所もあったので加工の調整に技術が必要な玄関ドア交換となりました。

 

ただ、窓研は毎年100件以上の玄関ドアリフォーム(リシェント)工事をしているため、

その場できれいに加工してリフォーム後も違和感なくピッタリに仕上げられたと思います。

 

その場で加工を施しても、1日で玄関ドアが交換できるんです!

 

お客さまからは、

「色合いもドアの広さもお願いした通りだった、良い玄関を勧めてくれてありがとう!」

 

と喜んでいただけました!
今回は窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る