玄関リフォーム工事(リシェント)土浦市M様邸

窓研の清水です。

今日は、土浦市にお住まいのお客さまからご依頼いただきました玄関リフォーム(リシェント)工事の施工事例をお送りします!

 

【ご依頼理由】

「20年前に建てたときに一目惚れした和風の玄関だったが、両サイドに鍵がなく防犯対策を兼ねて交換を決めた」

とのことでご依頼頂きました。

 

前回の記事でもお伝えしたのですが、「防犯対策」として玄関ドアのリフォーム(リシェント)工事のご依頼が最近とても増えています。

築20年以上のご家庭の場合、ピンシリンダーや、ディスクシリンダーと呼ばれる鍵が主流でした。

↓ ↓ ↓

これは前回もお伝えしていたのですが、

さらに、築20年以上のご家庭の場合は、玄関ドアの鍵が1つだけのケースもとても多いです。

 

今回ご依頼いただいたお客様も、鍵が真ん中に1つしかありませんでした。

鍵が1つで、最初にお伝えした鍵のタイプの場合が、防犯対策として一番弱くなります。

それは、泥棒がピッキングする時間が極端に短くなってしまうからです。
※玄関ドア以外からの侵入もあるため、玄関ドアの鍵の数だけで狙われるわけではありませんが、
セキュリティが甘い家と思われてしまうことは確かだからです

そのため、玄関が新しかったり、窓が二重窓になっているだけでも、
泥棒に対して「うちは侵入するのが難しい家だ」と牽制することができます。

 

もちろん、ドアを開けっ放しで出かけるのが日常になっていては意味がありませんが、
鍵をかけ忘れず、しっかり防犯対策しているつもりでも、入られやすいと思われてしまうのはリスクになってしまうんです。

 

だからこそ、玄関の鍵が古い、玄関の鍵の数が少ないご家庭は、
鍵を増設するか、玄関ドアを新しく変えて頂くのが防犯対策として効果的になります!

 

鍵の交換だけなら1か所平均1万円~2万円でできますし、
増設でももう少し価格が高くなるくらいです。

ぜひお試しください。

 

さて、玄関ドアリフォームの話に戻しますが、

今回のお客様からは、

「建てたときから気に入っている玄関ドアだから、同じような雰囲気かさらにビシッとマッチする玄関にしたい」

と相談されておりました。

 

今回はこだわりが強いお客様と感じましたので、
こちらでいくつか候補を準備しつつ、お客様にも事前にネットで見れるカタログをお渡しし、
検討していただきました。

最終的にお客様ご自身で気に入られた玄関ドアにリフォームさせていただきました!

今までの玄関ドアと比べて少し濃い色となりましたが、
玄関の雰囲気に合う素敵な玄関になったと思います^^

 

玄関の鍵も計3か所になり、鍵のタイプも冒頭でお伝えした「ディンプル鍵」になっています!

 

工事が終わった際に、ご依頼された奥様から、

「前の玄関も気に入っていたけど、今回のもかなり気に入った!」
「しばらくは玄関を通るたびに新鮮な気持ちでいられそうだ」

と、喜んでいただけました^^

今回は窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る