カーポート&サンルーム設置工事 筑西市K様邸

窓研の清水です。

リシェント(玄関ドアリフォーム)工事を多く取り扱っていますが、
窓研ではカーポートの設置からキッチン周りのリフォームなど様々なご家庭のリフォームもやっています!

 

【ご依頼理由】

「新築で建てる際は、サンルームとカーポートを付けるべきか迷っていたが住んでみてやはり必要と感じて依頼した」

との理由で、ご依頼頂きました。

 

今回はカーポートとサンルーム、2つの設置依頼となります。

カーポートは見たままなので、サンルームについてお話しようと思います。

 

サンルームは、日光浴や植物用の温室としても活用できますが、「洗濯物の室内干し空間」として活用が日本では一般的です。

今回のご家庭でも「急な雨で洗濯物が濡れないように」とのことで、洗濯物の室内干し空間を確保したかったとのことでした。

実際に住んでみないとわからない悩みの1つかもしれませんね。

 

サンルームは特にご依頼が多いリフォームで、雨に降られるのを気にすることなく洗濯物を干せるのは需要が高いようです。

 

ただ、そんなサンルームにも、注意しなければいけないポイントがあります。

それが、「建ぺい率の超過」です。

 

サンルームは、壁やガラスに囲まれた空間で、天井がついていることから、建築基準法上「部屋」とみなされます。

そのため、建物が指定された建ぺい率(敷地面積と建築面積の割合)を超えないか事前に確認する必要があります。

 

なぜそんな確認をする必要があるかというと、「建ぺい率が超過」してしまうと、火災保険や地震保険の契約できなかったり、

すでに契約している場合、災害時にサンルームを設置してしまったために保険が下りないなどのトラブルに繋がる可能性があるからです。

 

弊社では、設置前の打ち合わせ段階で、敷地面積などを事前に調査して、「建ぺい率の超過」がないように細心の注意を払って設置しています。

 

このように、サンルームは使い勝手が良く、メリットだらけのように見えますが、知らずにリフォームしてしまうことでのデメリットもあるので、設置される際には、十分に注意して設置しましょう!

 

この度は、窓研にご依頼いただきありがとうございました。

 

リシェント工事(玄関リフォーム)の施工例をアップすることが多いですが、
お住まいのことでお困りのことがありましたらお気軽に窓研にご相談下さい!

 

『たった1日で玄関をリフォームしたい!』

と、ご希望でしたら、ぜひ窓研にご相談ください!

 

【1日で綺麗に玄関リフォーム】のお問い合わせはこちら

▶電話でのお問い合わせは029-827-0127

▶インターネットからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebookでのコメントはこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事1

  1.  リフォームドア「リシェント」 こんなお困り事はありませんか? ・玄関ホールが冬ひん…

ピックアップ記事2

  1. エクステリアとは?

    エクステリア エクステリアとは『外部、外面、外観』という意味が有り、 外壁や庭園などを含めた…
ページ上部へ戻る